若者による感染対策の
広報ワークセッションの
開催結果

令和4年8月10日(水)、「若者による感染対策の広報ワークセッション」をオンラインで開催しました。

大阪大学教授・感染症専門医の忽那賢志先生による基調講演の後、大学生等(※)の参加者約120名が18チームに分かれて、基調講演の内容や、6月から7月にかけて行った事前勉強会の成果を踏まえて、グループワークを行い、若者向けの感染対策の広報企画や広報の在り方について、提案・発表を行いました。

(※) 大阪大学、香川大学、岐阜大学、京都大学、杏林大学、高知大学、公立千歳科学技術大学、公立はこだて未来大学、札幌大谷大学、崇城大学、東北大学、豊橋技術科学大学、中村学園大学、新潟大学、広島大学、武蔵大学、武蔵野大学

忽那先生による基調講演

忽那先生による基調講演

グループワークの様子

グループワークの様子

発表会では、コロナ禍における若者の努力や我慢に対して、感謝の気持ちを提示するべきとの提案や、一方的なメッセージではなく、若者の共感を呼ぶようなストーリー性のある動画の作成などといった具体的な広報企画の提案がなされました。

発表会の様子

発表会の様子

また、審査員として、忽那先生のほか、新型コロナウイルス感染症対策分科会会長の尾身茂先生、内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室の職員が参加しました。

右から、尾身先生、忽那先生、内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室職員

尾身先生による総評

尾身先生による総評

審査員と参加者は、各チームの発表について、「オリジナリティ(独創性)」、「リアリティ(実現可能性)」、「プレゼンテーション」の3つの項目から採点し、「オリジナリティ賞」が香川大学のチームに、「リアリティ賞」が武蔵大学・武蔵野大学のチームに、「プレゼンテーション賞」が東北大学のチームに、「最優秀賞」が広島大学のチームに、「尾身先生特別賞」が京都大学のチームに、「くつ王賞(忽那先生特別賞)」が東北大学大学院のチームに、授与されました。

本ワークセッションで提案のあったコンテンツ

短編ドラマ
『 Message ~未来の「私」から~ 』

企画提案:京都大学のチーム

COVID19対策クイズ

制作:公立千歳科学技術大学のチーム

https://covid19quiz.com/ 別ウィンドウで開きます

※リンク先は、制作チームのウェブサイトになりますので、 その旨、ご承知おきいただいた上で、ご利用願います。

内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室では、こうした参加者による提案を踏まえ、若者の共感を呼ぶ感染対策の広報を実施してまいります。