新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

下水サーベイランス

下水中には人由来の新型コロナウイルスが存在することから、下水サーベイランス(下水中のウイルスを検査・監視すること)により、地域の新型コロナウイルス感染症のまん延状況の把握や、特定の施設における感染有無の探知等を行い、効果的・効率的な対策につなげられる可能性があり、国内外で下水サーベイランスに関する研究・取組が行われています。
下水中のウイルスの検査は、鼻咽頭ぬぐい液や唾液、鼻腔ぬぐい液を使う検査のように人から検体を採取する必要がないことから、利便性が指摘される一方、感染症対策に活用する上での課題もあります。政府としては、引き続き、下水サーベイランスの活用について検証を加速すべく、調査手法の研究等を支援・実施します。また、これまでの知見・研究の成果を踏まえ、下水サーベイランスの実用的な活用が可能となるよう、下水処理場や個別施設等の下水を検査・分析する実証事業に取り組む予定です。

「下水サーベイランスに関する推進計画」はこちら
厚生労働省(国立感染症研究所)による取組はこちら
国土交通省による取組はこちら