新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

羽田空港等から
北海道・沖縄県内の空港
及び福岡空港へ向かう便の
搭乗者を対象とした
モニタリング検査

搭乗前モニタリング検査の概要

  • 目的

    政府では、北海道・福岡県・沖縄県の方々及びやむを得ず移動する方々の安心を確保するため、夏季期間中、羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港及び福岡空港へ向かう便の搭乗者に対し無料のPCR検査・抗原定量検査を行って感染状況をモニタリングするとともに、そのデータを分析して早期に感染源を探知し、早期の対応につなげていくこととしています。(以下このために行う検査のことを「搭乗前モニタリング検査」といいます。)。

  • 対象路線

    羽田、成田、中部、伊丹、関西、福岡空港から北海道・沖縄県内の空港及び福岡空港へ向かう便

  • 対象者

    対象路線の搭乗者のうち希望される方

  • 実施期間

    7月20日~8月31日搭乗分(7月15日予約開始)
    ※中部空港から出発する便、福岡空港へ到着する便は8月2日搭乗便から追加

  • 検査会社

    木下グループ新型コロナPCR検査センター(以下「検査センター」といいます)

  • 出発空港近くの
    検査センター

    出発空港 検査センター空港内ブース 近くの検査センター店舗
    羽田

    あり

    第1ターミナル : 4階マーケットプレイス 7:00~20:00

    第2ターミナル : 地下1階 9:00~18:00

    都内(秋葉原・渋谷・池袋・新宿・新橋)
    成田

    なし

    都内(秋葉原・渋谷・池袋・新宿・新橋)
    【羽田空港の空港内ブースを利用可能】
    中部

    なし

    愛知県内に店舗なし
    伊丹

    あり

    1F レンタカーステーション内 7:00~19:00
    (18:30最終受付)

    関西に店舗なし
    関西

    なし

    関西に店舗なし
    【伊丹空港の空港内ブースを利用可能】
    福岡

    あり

    国内線ターミナル2F南 6:00~21:00
    (20:30最終受付)

    九州に店舗なし
  • 検査実施状況

    搭乗者数や検査数についてはこちらをご覧ください。

①空港内ブース検査型(イメージ)

※空港内ブースがあるのは羽田(第1T・第2T)・伊丹・福岡空港のみとなります

空港内ブース検査型(イメージ)
  1. 予約サイトより空港でのクイック検査(抗原定量検査)を予約※1
    ・羽田空港予約サイト
    ・伊丹空港予約サイト
    ・福岡空港予約サイト
  2. 搭乗当日までにアンケートに回答し、回答完了画面を写真やスクリーンショット等で保存※2
    アンケートはこちらから
  3. 搭乗当日、空港検査ブースにて搭乗券・アンケート回答完了画面等を提示し、検査を実施※3
  4. 30分程度で搭乗前に検査結果を受領

※1 予約サイトには料金や支払い方法の表示がありますが、支払いを求められることはありません。
搭乗の時間に余裕を持って予約ください。(フライトに乗り遅れる等の場合は搭乗者の責任となります)
受託手荷物を預ける前に検査をしてください。(荷物を預けた後は検査ができません)

※2 アンケートは搭乗当日に空港ブースで受けていただくことも可能ですが、事前に済ませていただいたほうが空港ブースでスムーズに検査を受けることができます。
なお、アンケートに回答いただけない場合は、検査を無料で受けていただくことはできません。

※3 搭乗券や予約メールなど搭乗者情報、航空便の予約番号等が分かるものをご提示いただきます。
羽田空港等の早朝便利用等で当日の受検が難しい方は、搭乗日2日前までに都内の検査センター(秋葉原、渋谷等)にてPCR検査の受検が可能です。(②店舗検査型をご覧ください)

②店舗検査型(イメージ)

※店舗があるのは都内5か所(秋葉原・渋谷・池袋・新宿・新橋)等となります

店舗検査型(イメージ)
  1. 各店舗の予約サイトより来店日時を選択しPCR検査を予約※4
    予約はこちらから
  2. 来店当日までにアンケートに回答し、回答完了画面を写真やスクリーンショット等で保存※5
    アンケートはこちらから
  3. 来店当日、店舗にて搭乗券・アンケート回答完了画面等を提示し、検査を実施※6
  4. 搭乗日までに検査結果を受領

※4 予約サイトには料金や支払い方法の表示がありますが、支払いを求められることはありません。
搭乗日2日前までに検査を実施するよう予約ください。

※5 アンケートは来店当日に店舗で受けていただくことも可能ですが、事前に済ませていただいたほうが店舗でスムーズに検査を受けることができます。
なお、アンケートに回答いただけない場合は、検査を無料で受けていただくことはできません。

※6 搭乗券や予約メールなど搭乗者情報、航空便の予約番号等が分かるものをご提示いただきます。

③検査キット配送型(イメージ)

※検査キットの注文は搭乗日10日前まで、検体の返送は搭乗日の6日前までにお願いいたします。

検査キット配送型(イメージ)
  1. 事前アンケートに回答。※7 回答後に表示されるクーポンコードを入手
    事前アンケートはこちらから
  2. 検査キット注文サイトから個数を選択して「かごに入れる」をクリック※8
    注文サイトはこちらから
  3. 購入手続きに進み、必要な情報を入力。この際、以下2点を必ず実施
    ・「クーポンコード」に上記1で入手したクーポンコードを記載
    ・「備考」に搭乗日時と搭乗便(航空会社名、発着空港名)を記載
  4. 自宅等に届いた検査キットを用いて唾液を採取
  5. 検体を返送し、搭乗日までに検査結果を受領

※7 搭乗券や予約メール等の搭乗者情報、航空便の予約番号等が分かるものの写真やスクリーンショットを提出いただきます。
スクリーンショットを撮る方法について:iPhoneはこちら Android携帯はこちら

※8 注文サイトには返送料に関する記載がありますが、支払いを求められることはありません。

留意事項

受検者本人の事前同意を得た上で、検査結果が陽性疑いとなったときは、当該者は保健所、検査会社、航空会社等の指示に従っていただきます(診療には費用がかかる場合があります)。結果が陽性疑いであった場合、搭乗はできません。ご家族など濃厚接触の疑いがある方の搭乗もご遠慮いただきます。搭乗キャンセルに伴う費用が発生する場合は原則搭乗者負担となります。(キャンセルに伴う費用については航空各社までお問い合わせください。)

また、搭乗前モニタリング検査は、事前にアンケートに回答いただいた場合は無料で受けていただけます。モニタリング検査を受けていただく方に検査費用を請求することは一切ありません。モニタリング検査を受けられることを語った詐欺にはお気を付けください。その他、本留意事項のアップデートの際には、本ウェブサイトにて御案内します。

なお、対象者以外の方が受検したことが判明した場合、検査費用の支払いを求めるとともに厳正に対処いたします。

※感染状況や不測の事態により必ずしも受けられない場合があります。

搭乗前モニタリング検査に関するQ&A

Q1搭乗前モニタリング検査はどうすれば受けられるのか?
Aそれぞれ以下の通りです。
〇空港・店舗検査センターの場合
予約サイトから空港ブース又は都内店舗での検査予約を行うことで検査を受けられます。都内店舗での検査については、搭乗2日前までに検査を実施いただく必要があります。羽田、成田、中部、伊丹、関西、福岡空港から北海道・沖縄県内の空港及び福岡空港へ向かう便の搭乗者であれば無料で検査を受けられます。
〇配送型検査キットの場合
予約サイトで搭乗日10日前までに検査キットを注文し、搭乗日6日前までに検体を返送していただいた場合、搭乗日までに検査結果を受け取ることが可能です。
Q2事前予約なしでも当日店舗に行けば検査を受けることはできるのか?
A検査を受けていただくためには、事前に予約サイトでの申し込みが必要となります。事前予約なしで来店した場合も、その場でまずは予約サイトにて申し込みをしていただくことになります。
Q3空港店舗が開いていない早朝便、夜遅い便の搭乗者は検査を受けられないのか?
Aそれぞれ以下の通りです。
〇空港・店舗検査センターの場合
早朝便の場合は、搭乗日2日前までに都内店舗のPCR検査をご利用いただくことが可能です。
夜間便の場合は、搭乗日2日前までに都内店舗のPCR検査をご利用いただくか、当日空港内ブースが空いている時間帯で抗原定量検査をご利用いただくことが可能です。
〇配送型検査キットの場合
早朝便・夜間便であっても通常の場合(搭乗日10日前までに検査キットを注文し、搭乗日6日前までに検体を返送)と同じです。
Q4検査を受けるのに必要なものはあるのか?
Aそれぞれ以下の通りです。
〇空港・店舗検査センターの場合
検査当日に空港ブース又は都内店舗で搭乗券や旅程表といった搭乗者情報、予約番号等が分かる書類を提示いただく必要があります。
〇配送型検査キットの場合
本ページにある事前アンケートにご回答いただく必要があります。アンケートでは、搭乗券や予約メール等の搭乗者情報、航空便の予約番号等が分かるものの写真やスクリーンショットを提出いただきます。
Q5希望すれば必ず検査を受けることができるのか?
A各検査センターや配送型検査キットの検査枠が空いていれば受けることができます。各検査センターや配送型検査キットの検査枠については、予約サイトで確認いただけます。
Q6旅行代理店等のパックツアー等を予約している場合も検査を受けることができるのか?
Aパックツアー等をご予約いただいている場合も対象となります。各店舗や事前アンケートにて予約を証明する書類等をご提示もしくはアップロードしてください。
Q7空港での検査は当日でないと受けられないのか?
A搭乗日より前でも検査を受けられます。
Q8羽田空港では「クイック検査」を終了しているようだが、検査を受けられないのか?
A羽田空港では「クイック検査(抗原定性検査)」の受付は終了していますが、「クイック検査(抗原定量検査)」については引続き受付けております。クイック検査(抗原定量検査)を予約いただくことで検査を受けることはできます。
Q9空港内ブースでは、「エキスプレスPCR検査」や「クイック検査+PCR検査」も無料で受けられるのか?
A「エキスプレスPCR検査」や「クイック検査+PCR検査」は原則無料となりません。
  空港内ブースでの検査は以下の2種類が対象です。
・クイック検査:搭乗日も含めて受検可能(搭乗に余裕を持った時間帯でご予約ください。)
・PCR検査:搭乗日2日前まで受検可能(受検の翌日までに結果が通知されます。)
Q10陽性疑いとの結果が出た場合、搭乗できないのか?
A事前同意を得た上で、検査結果が陽性疑いとなったときは受検者は搭乗できません。また、ご家族など濃厚接触の疑いがある方の搭乗もご遠慮いただきます。
Q11アンケートでは何を記入するのか。また、記入した内容はどのように利用されるのか?
Aアンケートでは属性情報(年代、性別、職種等)を記入いただきます。本検査は「感染拡大の予兆の早期探知のためのモニタリング検査」の一環で行うものであり、得られたデータを活用して予兆・感染源探知のための研究を行うことを予定しております。
<感染拡大の予兆の早期探知のためのモニタリング検査>
Q12羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港及び福岡空港へ向かう便のみが対象なのはなぜなのか?
A北海道、沖縄はこの期間の航空旅客が多く、かつ、沖縄の場合には離島特有の医療体制への懸念等から、北海道、沖縄へ向かう便を対象としております。また、福岡空港は九州の玄関空港であり、年間利用者数が国内トップクラスの路線であるため、8月2日搭乗便から到着の対象空港に加えております。
なお、旅客数や検査店舗等の存在を考慮し、出発地は羽田、成田、中部、伊丹、関西、福岡空港としております。
Q138月2日以降に追加される対象便(中部空港発便及び福岡空港着便)に搭乗予定だが、7月30日以前に配送型検査キットの注文・支払いを済ませている場合、払い戻しはあるのか。
A7月30日以前に配送型検査キットの注文・支払いを完了している場合、払い戻しはできません。7月31日以降に注文・支払いをする場合は、事前アンケート回答後に表示されるクーポンコードを購入手続きの際に入力いただければ、無料となります。
感染拡大の予兆の早期探知のためのモニタリング検査感染拡大の予兆の早期探知のためのモニタリング検査