新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

基本的対処方針に基づく対応 関連した事務連絡等

【事務連絡】「基本的対処方針に基づくイベントの開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について」、「イベント開催等における感染防止安全計画等について(改定その7)」、「飲食店における感染防止対策を徹底するための第三者認証制度の導入について(改定その6)」を掲載しました。

令和4年9月8日、新型コロナウイルス感染症対策本部において、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が一部変更されたこと等を踏まえ、上記事務連絡を改定いたしました。改定の主なポイントは以下の通りです。

  • (1)同一イベントにおいて「大声あり」、「大声なし」のエリアを明確に区分して開催する場合の取扱い

    • 収容率上限の考え方を明記しました。
    • イベント主催者等が策定する「感染防止安全計画」を都道府県が確認する際の確認事項を明記しました。
  • (2)お祭り等のイベントにおける出演者の感染対策

    • 感染防止安全計画などの「イベント開催等における必要な感染防止策」として、お祭り等の多数の出演者が参加するイベントにおける、出演者の感染対策を明記しました。
  • (3)最新の知見を反映した感染対策の見直し

    • 感染防止安全計画などの「イベント開催等における必要な感染防止策」、飲食店における第三者認証制度の「感染症予防対策に係る認証の基準(案)」に定める感染対策につき、専門家の意見など最新の知見を反映し、見直しました。