新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年8月30日)Vol.176

“検査の効果的な実施等により、学校や職場での感染防止対策を強化します“

 8月25日に開催された、第75回新型コロナウイルス感染症対策本部での決定を踏まえ、21の都道府県で緊急事態措置を、12の県でまん延防止等重点措置を、9月12日を期限として実施しています。
 多くの学校で夏休みが終わり新学期を迎えることから、学校等における感染対策を徹底・強化します。具体的には、抗原簡易キットを希望する幼稚園や小中学校等に無償で配布するとともに、教職員のワクチン優先接種に配慮しながら、できれば定期的に小中学校等の先生がPCR検査を受けられるように、関係機関と連携して調整を進めています。
 民間事業者等に対しても、体調不良を訴えた社員に対して、抗原簡易キットによる職場での検査を推進していただくよう呼びかけており、関係省庁にも同様のお願いをしています。
 また、航空便の搭乗客を対象とする無料の検査については、これまでの取り組みとして、東京や大阪の大都市圏から北海道・沖縄の空港または広島・福岡・鹿児島空港に向かう便を対象に実施してきましたが、これらの空港から大都市圏に向かう便についても対象に加え、9月末まで延長することとしましたので是非御利用下さい。
 職場におけるテレワークの推進に加え、大学や高校におけるオンライン授業のより一層の活用・徹底もお願いします。
 何としてもこの危機を乗り越えるという強い決意の下で、引き続き、国民の皆様のご協力をいただきながら、医療提供体制の確保、感染防止対策の徹底、ワクチン接種の推進の三つの柱からなる対策に総力を挙げて取り組んでまいります。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら