新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年8月18日)Vol.173

“「外出の機会の半減」「出勤者数7割削減」をお願いします”

 昨日、第73回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、以下について決定がなされました。

  • 茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、京都府、兵庫県、福岡県を緊急事態宣言の対象に追加し、従来の埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、沖縄県と合わせて13都府県とし、対象期間を9月12日までとする
  • 宮城県、富山県、山梨県、岐阜県、三重県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、鹿児島県をまん延防止等重点措置の対象に追加し、従来の北海道、福島県、石川県、愛知県、滋賀県、熊本県と合わせて、16道県とし、対象期間を9月12日までとする

 より感染リスクの高い場所への人流や人と人との接触機会を減らすために、百貨店、ショッピングセンターや専門店を含め、1000㎡を超える大規模商業施設での人数管理や人数制限といった入場整理を徹底する旨を基本的対処方針に明記し、さらに地域の感染状況に応じた上乗せ措置も含め、強い措置を講じていきます。買い物は少人数で、普段は2回するところを1回にするなどなるべく頻度を減らし、混雑した場所等への「外出の機会の半減」をお願いします。
 「出勤者数7割削減」の実現にむけ、まだテレワークに取り組まれていない企業においても、まずは週1日から始めて2日さらに約半分といった具体的な取組を進めていただきますようお願いします。また、職場や学校等におけるクラスター対策として、談話室や更衣室など職場の共用部分を中心とした感染管理の徹底や抗原簡易キットを活用した検査の拡充などを推進してまいります。
 新規陽性者数や重症者数の増加が継続し、医療提供体制が非常に厳しい状況にある中、ワクチン接種及び医療提供体制の確保、そして感染拡大防止の徹底・強化に、総力を挙げて取り組んでまいります。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら