新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年8月11日)Vol.172

“多様なクラスターが多数発生し、感染が拡大しています”

 感染力の強いデルタ株への置き換わりが進み、感染拡大地域では感染経路不明が6割を超えています。全国の新規感染者数は、多くの地域で高い水準が継続しており、全国の重症者数も、7月中旬の380人程度から8月9日には1,230人と3倍以上になっています。
 このような中、多様なクラスターの発生が多数報告されています。学校・教育施設や企業において増加がみられる他、飲食店、ライブハウスなどに加え、これまでクラスターの発生がほとんど見られなかった、百貨店、学習塾、スポーツ施設、遊戯施設等でも発生しています。百貨店での事例では、混雑する1階と地下1階での感染者が全体の約70%を占めています。こうした施設では、人と人との距離をできるだけ取る、冷房で忘れがちな換気をこれまで以上に徹底するなどの感染対策が必要です。
 また、帰省に伴う親族・友人との会合の場や大人数による会食においてもクラスターが発生しています。久々に会う親類や友人とは、近距離での会話、会食での感染拡大に、十分注意して下さい。
 先日開催した、緊急事態宣言を発出した6都府県知事等との会議でも、こうした状況についての危機感を共有し、連携して取り組むこととしました。これからの夏休みの期間については、不要不急の外出自粛、帰省や旅行は控えていただき、どうしても必要な場合には検査を受けていただくなど、感染拡大防止の取組について、皆様のご理解と御協力を重ねてお願いします。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら