新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年8月2日)Vol.170

“強い危機感を持って感染拡大を抑えていく必要があります”

 先週金曜日、第71回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、以下について決定されました。

  • 東京都及び沖縄県の緊急事態宣言の対象期間を8月31日まで延長する
  • 埼玉県、千葉県、神奈川県及び大阪府を緊急事態宣言の対象に追加し、対象期間を8月31日までとする
  • 北海道、石川県、京都府、兵庫県及び福岡県をまん延防止等重点措置の対象とし、対象期間を8月31日までとする

 これまでの取り組みをさらに徹底するべく、緊急事態措置を実施する区域においては、不要不急の外出自粛、外出する必要がある場合にも、極力家族や普段行動をともにしている仲間と少人数でお願いします。また、飲食店等における酒類の提供は、緊急事態宣言区域においては停止、重点措置区域においても原則停止をお願いします。なお、こうした要請等に応じていただく飲食店への協力金については早期給付を行うこととしています。経済界に対しては、テレワークの活用や休暇の分散取得を引き続きお願いしてまいります。また、東京、大阪の夜間の人流は、一旦減少したものの、4連休明け後、増加に転じており、その減少が喫緊の課題であり、夜間においても不要不急の外出自粛をお願いします。
 また、ワクチン接種の促進と併せ、車の車輪として、検査の拡充を進めます。医療提供体制を確保していくとともに、機動的に感染防止対策を講じていくことで、その拡大を抑えてまいります。

 

過去の西村大臣からのお知らせはこちら