新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年6月28日)Vol.164

“飲食店における感染対策の徹底を改めてお願いします”

 飲食店でのクラスターの発生状況を分析すると、飲酒に関係する件数が多くなっています。
 WEBアンケートの結果によると、会食の時間は、アルコールがない場合は、平均約1時間であるのに対し、アルコールがある場合は、平均約2時間と、アルコールが入ると会食時間が長くなることが示されています。
 一方、理化学研究所でのシミュレーション(飲食店における感染対策の効果についてのシミュレーション)では、通常の換気に加え、エアコン、厨房ダクトによる換気、パーテーションの設置を組み合わせることにより、感染リスクを低下させることができるとの結果が得られています。特にこれからクーラーを使う季節になってきますが、使われる際には定期的に窓を開けるなど、換気に気を付けてください。
 緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の対象となっている都道府県では飲食店は20時までの営業時間短縮をお願いしていますが、その他の地域も含め、飲食店に行かれる際は、アクリル板の設置や換気の徹底など感染対策が徹底しているお店を選び、少人数・短時間で、会話時にはマスクを着用し、大声は避けて下さいますようお願いします。
 引き続き、感染拡大防止にご協力をお願いいたします。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら