新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年6月25日)Vol.163

“ワクチンの職域接種会場を視察しました”

 昨日、新型コロナワクチンの職域接種会場である「日本体育大学(世田谷キャンパス)」と「TKP市ヶ谷カンファレスセンターANNEX」を視察し、TKP市ヶ谷では、高島経済同友会副代表幹事、経済同友会と連携している株式会社TKP河野社長と意見交換させていただきました。日本体育大学では、6月21日から大学の教職員、学生向けの職域接種を開始し、今後、約7,500人を対象に接種する予定とお聞きしました。また、職域接種については従業員数の少ない中小企業への対応が課題ですが、そうした中で、経済同友会は、中小企業を対象に、その従業員・家族に6月21日から順次接種を実施していると伺いました。
 今回の視察・意見交換から、様々なチャネルによりワクチン接種機会を提供することが重要であると考えております。今回、視察させていただきましたが、大学においては教職員・学生に加えて地域住民へも接種する、中小企業においては経済団体が接種機会を提供することにより接種を進めるなどの取組が進んでいます。
 市町村の個別接種、集団接種、そして職域接種を組み合わせ、希望する方が一日でも早く接種できるよう、私の立場からもしっかり取り組んでまいります。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら