新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年6月7日)Vol.158

“沖縄県での対策が強化されます”

 沖縄県は、5月23日から緊急事態宣言の対象区域となっていますが、6月3日、新たに対策の措置の強化が決定されました。
 内容は、
・平日も含めたイベントの中止・延期の要請、
・大規模施設に対する土日の休業要請、
・6月7日から20日までの学校の休校
などです。玉城沖縄県知事からは、直接電話で対策を強化する方針をお聞きしました。
 沖縄県では、20ー30代を中心に新規陽性者の増加する傾向が続いております。このため、病床使用率・重症病床使用率ともに高い水準となっており、更なる医療提供体制への負荷が懸念されます。今回の対策強化は、適切に対応されたものと考えています。国としても厚生労働省の職員やクラスター対策班、DMATを沖縄県庁に派遣し、医療提供体制の確保に必要な支援を行っています。
 引き続き、沖縄県と緊密に連携し、集中的に強い措置に徹底して取り組み、何としても感染を抑え込んでいきます。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら