新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年5月17日)Vol.150

“緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の対象区域を拡大しました”

 先週金曜日、第64回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。緊急事態措置の対象区域に、5月16日(日)から5月31日(月)まで、北海道、岡山県、広島県を加えること、また、まん延防止等重点措置の対象区域に、5月16日(日)から6月13日(日)まで群馬県、石川県、熊本県を加えることとなりました。
 特に、北海道、岡山県、広島県については、専門家の方々から、
①変異株の影響もあり今後の感染拡大が想定されること、
②医療の現場のひっ迫具合が数値で見える以上に悪い状況であること、
③住民に早めの行動変容を促すためには強いメッセージを出すことが重要
とのご意見をいただき、緊急事態宣言の発出を判断しました。
 感染力が強く重症化リスクも懸念されている変異株への置き換わりも進んでいて、危機感を強めています。都道府県知事と連携しながら、何としても感染拡大を抑え込むため、これまで以上に徹底的な対策を講じてまいります。
 新たに緊急事態措置、まん延防止等重点措置の対象に加えられた地域の皆様方には、更なる感染対策のご協力をお願いします。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら