新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年5月10日)Vol.148

“緊急事態宣言が延長されました”

 先週金曜日、第63回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。緊急事態措置の期間を5月31日まで延長し、東京都、京都府、大阪府、兵庫県に加えて、愛知県、福岡県が12日から新たな対象区域となります。また、まん延防止等重点措置の期間も5月31日まで延長され、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛媛県、沖縄県に加えて(宮城県は11日で除外)、北海道、岐阜県、三重県が9日から新たな対象区域となりました。
 緊急事態措置では、テレワークを促進し、飲食店に対する20時までの営業時間短縮要請や、酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等に対する休業要請は継続されます。利用者による酒類の店内持込みを認めている飲食店に対する休業要請が新たになされます。イベントは、人数上限5,000人かつ収容率50パーセントとなり、21時までとなります。1,000㎡を超える大型店舗は、20時までの営業時間短縮を要請することとなっていますが、大阪、東京など感染状況を踏まえ、都府県知事の判断で、休業要請も行えることとなっています。
 国民や事業者の皆様には、様々なご負担をおかけしていますが、引き続きご協力をお願いします。国民の皆様の命と健康を守ることを第一に、都道府県と緊密に連携しながら、感染拡大の防止に向けた取組を徹底してまいります。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら