新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年4月19日)Vol.142

“まん延防止等重点措置区域に埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県を追加しました”

 先週金曜日、第61回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、まん延防止等重点措置区域に、埼玉県(さいたま市及び川口市)、千葉県(浦安市、船橋市、市川市、松戸市及び柏市)、神奈川県(横浜市、川崎市及び相模原市)及び愛知県(名古屋市)を追加しました。期間は4月20日(火)から5月11日(火)までの22日間です。
 全国的に感染者数が増加し、特に関西圏で増加が継続している中、ゴールデンウィークも感染拡大防止に向けた取組を徹底していく必要があります。国民の皆様におかれましては、感染が拡大している地域(首都圏、関西圏、宮城県、愛知県、沖縄県など)にお住まいの方は、日中を含め、不要不急の外出や移動は避け、近場の外出でも、三密は避けてください。また、こうした地域との往来は、延期または自粛、オンライン帰省の活用をお願いします。やむを得ない理由でどうしても帰省する必要がある場合は、感染リスクが高い場所は避け、大人数の会食を控え、高齢者への感染につながらないように注意をお願いします。
 マスク着用の際は、できる限り不織布マスクを使用いただき、隙間のないよう適切に装着するなど、一層の感染対策をお願いします。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら