新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年4月2日)Vol.136

“まん延防止等重点措置を実施します”

 昨日、第59回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、大阪府、兵庫県及び宮城県を対象に、4月5日(月)から5月5日(水)まで31日間、まん延防止等重点措置を実施することとなりました。
 まん延防止等重点措置は集中的な対策により、地域的に感染を抑え込み、都道府県全域への感染拡大、更には全国的かつ急速なまん延を防ぐために、今年2月の特別措置法改正により創設されたものです。知事が定める措置区域で飲食店には20時までの時短を要請し、イベントは対象3府県で上限5000人となります。こうしたことに加え、飲食店に対するアクリル板の設置等の飛沫感染防止やガイドラインの遵守、モニタリング検査といった取組をパッケージで行っていきます。また、飲食店への協力金は、経営への影響の度合い等を考慮し事業規模に応じた支援となります。
 何よりも、昨年も今年も同じ時期の3月末から4月に感染が拡大したことを忘れてはなりません。自治体と連携しながら、感染防止策の徹底等にしっかり取り組み、変異株にも十分警戒しながら、何としても感染を抑えるべく、全力を挙げていきたいと考えています。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら