新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年2月22日)Vol.121

“栃木県でモニタリング検査を開始します”

 新規陽性者数は、減少傾向が続いてはいますが、このところ、減少のペースが鈍化しています。引き続き、動向を注視する必要がありますが、新規陽性者数をさらに減少させることができるよう、改めて外出自粛の徹底やテレワークの実施7割等をお願いします。
 感染拡大の予兆を検知するためのモニタリング検査を、栃木県で本日(22日(月))から開始します。栃木県や参加いただく事業者の皆様の迅速な対応に感謝を申し上げます。
 モニタリング検査は、①団体に所属する対象者に対して行う「団体検査型」と、②検査キット配布場所を設置し来訪者に検査を依頼する「スポット配布型」の2種類を行う予定です。それぞれ1日100件(合計200件)の実施を予定しており、今後、徐々に検査数を拡張し、モニタリング検査のモデルケースを確立させます。
 他の地域でも、自治体、民間検査機関や検査を受けていただく事業所等の協力を得て、1日1万件程度の検査を行い、感染拡大のきざしをいち早く検知し、感染の再拡大を防ぐ取組を進めます。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら