新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年1月20日)Vol.108

“テレワークの7割実施をお願いします”

 新規陽性者数が非常に高い水準で推移しています。
 新型コロナウイルス感染してから潜伏期間を経て発症し検査の後、報告されるまで約2週間を要します。そのため、今の数字は2週間前、緊急事態宣言前の状況を示しています。今日、感染対策をとると2週間後にその効果が出てきます。
 緊急事態宣言発出から10日が経過しました。朝の人出は減少しましたが、前回の緊急事態宣言時と比べると、人出が増えている地域が多い状態です。また、朝のピーク時間帯の鉄道の利用者は、首都圏で約4割、関西圏で約3割減少していますが、昨年の緊急事態宣言の時には、宣言から1週間で6割から7割減少しました。前回に比べると緩やかな減少にとどまっています。
 国民の皆様におかれましては、感染予防のため、昼間も含めた不要不急の外出自粛、通勤者の7割減に向けてテレワーク等の徹底を改めてお願いします。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら