新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和3年1月18日)Vol.107

“新たに予備費も活用し、皆様の雇用と事業を守ります”

 先週金曜の閣議で、新型コロナ感染症対策予備費7,418億円の活用が決定されました。
 緊急事態宣言の対象地域で営業時間短縮などの要請を都道府県から受けた飲食店、劇場、映画館、遊園地などの施設では、中小企業だけでなく大企業であっても休業手当(雇用調整助成金)は100%助成されることになりました。完全な休業でなく事業の縮小でも助成されます。
 雇用主の企業が休業手当を従業員に支払わない場合、従業員の方は直接申請し月額最大で33万円を受給することもできます。パート・アルバイトでシフトが減った場合も受給できます。
 今後とも、政府としてコロナ予備費の活用も含めて、機動的に必要な支援を行い、皆様の事業と雇用を守ってまいります。
 先週金曜から、新宿アルタビルの大型ビジョンで午後8時から10分間、「昼夜を問わず外出をなるべく控えてください」とのメッセージを発信しています。私と尾身会長によるメッセージ動画も新宿、渋谷の大型ビジョンで放映を開始します。
 国民の皆様におかれましては、不要不急の外出の自粛をはじめ、感染防止策にご協力をお願いします。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら