新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年12月18日)Vol.95

“AIを活用した各種データ解析等のために補正予算30億円を計上しました”

 東京都では、昨日の新規陽性者数が800人を越え、過去最高となり、感染状況が高水準で推移しています。東京都モニタリング会議も、感染状況は4段階中最高レベルの「感染が拡大していると思われる」との評価が維持され、医療提供体制は4段階中最高レベルの「体制が逼迫していると思われる」に評価が引き上げられました。私としても、きわめて強い危機感を持っており、小池東京都知事と連絡をとりあっています。
 府中市では一昨日、100床を保有する軽症・中等症用の専用医療施設が開設され、東京都はさらに4000床を確保するよう医療機関に要請したと承知しています。また、宿泊療養施設については、昨日、新たに1施設が開設され、合計10施設、約4000室を確保したとのことです。
 今後とも、都知事と緊密に連携しながら、しっかりとサポートしていきます。
 第4回AIアドバイザリーボードを開催しました。大所高所のご意見をいただきながら、補正予算案に盛り込んだ30億円超の予算も活用し、SNS等のweb上のデータの解析や感染拡大の予兆の早期探知・予測できるシミュレーターの開発、ワクチン普及の感染拡大抑制効果の分析などを進めます。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら