新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年12月9日)Vol.91

“引き続き、自治体の医療提供体制の確保に取り組んでいきます”

 大阪府からの看護師派遣の要請について、全国知事会及び関西広域連合における調整がまとまりました。具体的には、大阪府の「大阪コロナ重症センター」における看護業務を支援するため、13府県から看護師26名が、12月16日以降、順次派遣される予定です。
 北海道においては新型コロナウイルスの感染拡大が続いている状況を受け、昨日、北海道知事から陸上自衛隊北部方面総監に対し、災害派遣要請がありました。この要請を受け、岸信夫防衛大臣から、医療支援チームを派遣するとの発表がありました。大阪府においても、自衛隊との間で調整がされており、大阪府から正式な要請があれば、速やかに対応できるよう、取り組んでいます。
 引き続き、強い危機感をもって、都道府県と緊密に連携しながら、医療提供体制の確保に取り組んでいきます。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら