新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年12月3日)Vol.87

“今後とも自治体の医療提供体制を支援していきます”

 現在、大阪府では新規感染者の増加により、病床数に対する負荷が増えており、病床数の確保が課題となっています。
 このため、吉村大阪府知事の下「大阪コロナ重症センター」が新たに建設されており、今月15日に運用の開始が予定されています。このセンターの業務に従事する職員の方々を確保するため、一昨日、大阪府から、関西広域連合と全国知事会に対し、40名の看護師の派遣要請が行われました。
 これを受けて、昨日、関西広域連合及び全国知事会と、各都道府県との調整が始まっています。
 私も吉村知事と頻繁に直接連絡を取っており、国としても看護師の派遣を含め迅速に対応できるよう、厚生労働省などと連携して準備を進めます。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら