新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年11月18日)Vol.78

“北海道でのコロナ対策について”

 新規陽性者数は、10月以降増加傾向となり、11月以降その傾向が強まっています。昨日は新潟県で30人、兵庫県で107人と過去最高を更新し、強い危機感を持っています。
 北海道では昨日、対策本部が開催され、札幌市は警戒ステージ4相当の特措法に基づく強い措置を講じることを決定しました。具体的には、感染リスクを避けられない場合に、不要不急の外出を避けること、市外との不要不急の往来を控えること、が要請されたと承知しています。
 私も一昨日、鈴木直道北海道知事と電話会談を行い、危機感を共有するとともに、検査の拡充と営業時間短縮等の要請等により感染を封じ込めていくことで認識が一致しました。地方創生臨時交付金を活用した60万円を上限とする店舗への協力金など、北海道の取組を支援していきます。
 また、飲酒を伴う懇親会や大人数・長時間におよぶ飲酒など、感染リスクが高まる「5つの場面」について、わかりやすく説明した動画を、インターネット上に掲載しました。ご覧いただければと思います。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら