新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年10月26日)Vol.63

“分科会から、提言をいただきました”

 先週金曜(23日)、第12回新型コロナウイルス感染症対策分科会を開催しました。
 分科会では、直近の感染状況、各地域でのクラスターのヒアリング調査について報告がありましたが、「感染リスクが高まる『5つの場面』」と「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」の提言が出されました。9月25日の分科会では感染リスクのある「7つの場面」が示されましたが、クラスター分析を踏まえ「5つの場面」に整理されています。
 また、年末年始のあり方について提言をいただきました。この年末年始は分散して休暇を取得すべきとの提言です。国家公務員担当部局、地方公務員担当部局にはしっかりと伝え対応します。経済3団体にもお伝えし、各省所管官庁を通じて、各種団体にも呼び掛けていきたいと考えています。
 経済再生と感染症対策とはトレードオフの関係とせず、両立を図っていくため、引き続き取り組んでまいります。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら