新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年10月19日)Vol.58

“クラスター対策について自治体からのヒアリングに参加しました”

 先週金曜、クラスター対策に関する都道府県等からのヒアリングに参加しました。このヒアリングは、これまでクラスターに立ち向かってきた9つの自治体の現場の方々から、2日間にわたって実施したものです。
 現場の保健所長や担当者から、クラスターの発生状況などについて、直接お話を伺いました。その中で複数の方から、喫煙所での感染リスクについて指摘がありました。一方、和歌山県の飲食店で発生したクラスターでは、従業員全員の感染が確認されましたが、お客さんを対象にした検査の結果は、陽性者は確認されませんでした。この飲食店では、窓を開けての換気、お客さん同士の間隔をあけるなど、ガイドラインが遵守されていたとのことです。
 基本的な感染対策や会食の時も斜めに座るなどちょっとした工夫や努力をしていれば、感染が広がるリスクは高くないと考えられます。引き続き、どのような対応をすれば感染リスクを抑えられるのか、分析を進め皆様に分かりやすくお示ししてまいりたいと思います。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら