新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年10月13日)Vol.55

“PCR検査ロボットシステムを視察しました”

 昨日、東京お台場の川崎重工東京ロボットセンターを訪問しました。「PCR検査ロボットコンテナ搭載モデル」が設置されており、ロボットにより、採取した検体の処理からPCR検査の分析作業までを連続的かつ自動的に処理し短時間で測定結果が分かるシステムです。検査に従事される医療従事者の感染リスクや作業負担を大幅に軽減させることができます。
 PCR検査については、戦略的に検査を大幅に拡充していくことが重要です。様々な民間企業において、検査時間の大幅な短縮や検査の自動化を可能とする革新的な技術が次々と開発されています。今後、それらの特性・優位性を活かし、それぞれの検査現場で場面場面に応じて活用されることを期待しています。
 また、本日は、第3回「大都市の歓楽街における感染拡大防止対策ワーキンググループ」を開催します。今月中の取りまとめを見据え、今後の対策の方向性について議論する予定です。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら