新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年10月13日)Vol.54

“長崎、佐賀に出張しました”

 先週金曜と土曜は、長崎と佐賀に出張してきました。
 長崎では、長崎大学を視察し、中村知事とも意見交換を行いました。長崎大学は日本の感染症研究の中核的研究機関です。「蛍光ランプ法」による新型コロナウイルスの検出技術を確立し、民間企業と共同で唾液から1時間以内で検査できる迅速検査システムを開発されました。小型で持ち運び可能なシステムで離島でも活用されています。様々な可能性を感じました。
 佐賀では、山口知事と会談し、県のコロナ対策について説明をいただきました。これまでクラスターを分析するとともに、濃厚接触者に加え「念のため検査」を当初から実施し、幅広いPCR検査により2次感染、3次感染を防ぐ「佐賀方式」について伺いました。
 今回の出張で得られた知見を踏まえ、今後の感染症対策に活かしてきたいと考えています。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら