新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年8月8日)Vol.18

“第5回分科会で提言とりまとめ”

 昨日、第5回新型コロナウイルス感染症対策分科会が開催され、感染状況を見る指標や、その状況に応じた施策について提言がとりまとめられました。
 3、4月と6月以降の感染拡大を比較すると、若者層を中心とした感染拡大が生じており、軽症者や無症状者が多く報告されていることなどから、単なる感染者数では現在の状況を十分に評価できなくなってきています。
 今回まとめていただいた指標は、まず第一に「医療提供体制の負荷」を重視し、「監視体制」「感染の状況」の柱で構成されています。これらの指標を総合的に判断しつつ、状況に応じて積極的・機動的に対策を講じていくことが重要です。
 地方自治体と緊密に連携し、感染レベルをなるべく早く減少させるよう、努力していきたいと思います。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら