新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年8月1日)Vol.13

“第4回分科会で感染状況と今後の対応を議論”

 昨日、第4回新型コロナウイルス感染症対策分科会を開催しました。
 足下の感染状況は、専門家の分析によると、感染者数が「漸増」している状況です。高齢の感染者や入院者の数も徐々に増えており、この状況が続けば医療提供体制の負荷が蓄積するため、早期に増加傾向を止めなければなりません。
 そのためには、原点である3密や大声の回避、それにガイドラインの徹底が重要です。ガイドラインを守っているスポーツジムやバスツアーなどでは最近はクラスターが発生していません。
 次回には、各地域の感染状況のレベルを評価し、次の段階の予兆を検知するための指標について検討を深めたいと考えています。​

過去の西村大臣からのお知らせはこちら