新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

西村大臣からのお知らせ
(令和2年7月16日)Vol.3

“ データと英知を結集して対策を進化 ”

 これまでの感染対策の経験と得られたデータを最大限生かし、感染防止と経済活動を両立させるため、AIを活用し対策を進化させていきたいと考えています。
 具体的には、5つの柱で研究開発を進めていきます。①感染予測・対策効果分析、②ガイドラインの進化、③検査体制の効率化・信頼性向上、④ ICT/IoTによる接触機会低減、⑤感染の早期検知です。7月9日、事業の公募を開始しました。また、民間企業や研究機関から、プロジェクトと連携できる「データ」と「開発テーマ」の提案を幅広く昨日から 募集しています。
 我が国の英知を結集し、世界をリードする研究開発事業になることを願っています。

過去の西村大臣からのお知らせはこちら