新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

業種別ガイドライン

業種別ガイドラインの概要

  • 業種別ガイドラインは、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るため、各業界団体が、専門家や関係省庁の助言等を踏まえ、業種ごとに適切な感染防止策を自主的に纏めたものです。令和5年1月27日現在、195個の業種別ガイドラインが存在します。

業種別ガイドラインの一覧(令和5年1月27日現在) PDF

※上記のほか、学校、社会福祉施設、社会体育施設、研究施設等については、所管官庁においてガイドライン等を作成・公表。

その他所管省庁で策定されているガイドライン・手引き等 PDF

業種別ガイドラインの見直しのポイント

  • 各業種別ガイドラインを合理的な内容に見直せるよう、最新情報(専門家の提言、政府事務連絡、業種別ガイドラインの改訂事例等)を踏まえ、見直しのためのポイントをまとめたものです。
  • 各業種の業務内容・業務環境などを踏まえ、各業界にて個別に見直しを行うための参考資料です。

業種別ガイドラインの見直しのポイント(令和5年1月27日現在)PDF

業種別ガイドラインに関する事務連絡

上記事務連絡に基づく依頼を踏まえ、12月16日現在、約半数のガイドラインが「業種別ガイドラインの見直しのポイント」を踏まえた内容へと見直しを行い、改訂したガイドラインを公表しています。そのほかのガイドラインも見直しの方針を確定し、今後公表を予定しています。
改訂されたガイドラインにおいては、今後の感染拡大時にも対応できるよう、実効ある対策への絞り込みや重点化などを行っておりますので、引き続き、業種別ガイドラインを遵守いただき、基本的な感染対策を徹底していただきますようお願いいたします。