新型コロナウイルス感染症対策新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内

困りごとに対する支援策が探せる支援情報ナビ 困りごとに対する支援策が探せる支援情報ナビ

新型コロナウイルス感染症で生活や事業に影響を受ける方々への支援をまとめました。

新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内

お困りのケース/
お求めのケース別に探す

お困りのケース

  • 感染症で大きな影響を受けている個人・世帯の皆様

  • 自治体の要請を受けて休業・時短営業に御協力いただいた飲食店の皆様

  • 緊急事態措置、まん延防止等重点措置の影響で売上減に直面する中小事業者の皆様

  • 人流抑制の観点から地方公共団体の休業要請に協力いただいた大規模施設の皆様

  • 緊急事態宣言等の影響で公演・展示会等が中止・休園になってしまった事業者の皆様

お求めのケース

経済産業省HPにおいても各種支援策をご案内しています

支援策一覧から探す

生活を守る

  • 我が国の子供たちを力強く支援し、その未来を拓く

    子育て世帯への臨時特別給付

    児童を養育している者の年収が960万円以上(注1)の世帯を除き、0歳から高校3年生までの子供たち(注2)に一人当たり10万円相当の給付
    (注1)扶養親族等が児童2人と年収103万円以下の配偶者の場合の目安
    (注2)平成15年4月2日から令和4年3月31日までの間に出生した児童
    (注3)支給基準日より後の離婚等により支給対象となっていない現養育者に対しても支援給付金を支給

  • 様々な困難に直面した方々の生活・暮らしを速やかに支援

    住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

    住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円を給付
    <対象者>
    1.世帯全員の令和3年度分又は令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯
    2.上記1のほか新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、同様の事情にあると認められる世帯
    ※ 1、2ともに、住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯を除く。

  • 生活が苦しい子育て世帯の方々に

    令和4年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金

    児童扶養手当受給者等、その他住民税非課税の子育て世帯に、児童一人当たり一律5万円を支給

  • 収入減で生活が苦しい

    緊急小口資金・
    総合支援資金

    令和4年1月以降新規申請の方は、
    最大80万円(二人以上世帯)
    最大65万円(単身世帯)
    令和4年12月末以前に返済時期が到来する予定の貸付けについて返済開始時期を令和5年1月に延長
    ※令和4年4月以降の特例貸付申請分の返済開始時期は令和6年1月

  • 収入減で生活が苦しい
    ※緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯の方へ

    新型コロナウイルス感染症
    生活困窮者自立支援金

    緊急小口資金及び総合支援資金(初回)を借り終えた/総合支援資金(再貸付)を借り終えた一定の世帯等に対して
    単身世帯6万円
    二人世帯8万円
    三人以上世帯10万円3ヶ月間支給
    初回支給に加えて、 3ヶ月間再支給も可能

  • 休業による収入減で住居を失うおそれ

    住居確保給付金

    原則3か月、最長9か月家賃相当額を支援

    一度支給した方に対して3か月間再支給

  • 自立に向けて取り組むひとり親世帯の方々に

    償還免除付ひとり親家庭
    住宅支援資金貸付

    ひとり親世帯に対して

    月額4万円×12か月

    住宅貸借資金の無利子貸付

    1年就労継続なら一括償還免除

  • コロナで学びの継続が困難

    高等教育の
    修学支援新制度

    学生生活に必要な生活費等をカバーする給付型奨学金(返済不要)と授業料減免

  • 望まない孤独や孤立などの悩みに寄り添います

    孤独・孤立等に関する支援制度、相談窓口

    国・地方公共団体の支援制度相談窓口を御案内しています。
    また、孤独・孤立で悩む方に向けて様々な活動を行うNPO等を支援します。

電話・オンラインによる診療がますます便利になります。

雇用を守る

  • 雇用を維持したい

    雇用調整助成金

    雇用を維持する企業等について、一定の要件を満たす場合、休業手当等の最大10/10を助成(日額最大15,000円)
    ※特例措置は、令和4年11月末まで(予定)
    ※令和4年10月1日からは、日額最大12,000円(予定)

  • 休業期間中、賃金が払われない

    新型コロナウイルス感染症対応
    休業支援金・給付金

    中小企業で働く従業員(パート・アルバイト含む)に対して日額最大11000円を支給
    大企業でシフト等で働く方々も対象に

    ※対象となる休業の期間は令和4年11月末まで(予定)
    ※令和4年10月1日からの休業については、日額最大8,800円(予定)

  • 早期再就職やこれまでに経験したことがない職種・業種で働いてみたい

    紹介予定派遣を活用した
    研修・就労支援事業

    就労に向けたカウンセリング・研修を受けた上で、紹介予定派遣による早期の再就職を目指すことができます。

  • 在籍型出向で雇用を維持したい/在籍型出向の人材を活用したい

    産業雇用安定助成金

    出向中の費用を出向元・先双方に最大で中小は9/10、大企業は3/4助成
    (日額最大12,000円(出向元・先の計))
    さらに出向に係る初期費用1人当たり最大15万円助成

  • 感染症の影響を受けている離職者※を雇いたい ※シフト減で実質的に離職状態にある方も含む

    トライアル雇用助成金

    3か月の試行雇用期間中一人当たり月額4万円※助成(短時間労働は月額2.5万円)

    ※一定の要件を満たした場合、月額5万円(短時間労働は3.12万円

  • 新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえない保護者の皆様を支援

    小学校休業等対応助成金・
    支援金

    小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえない保護者の皆様を支援するため、一定の要件を満たす場合
    労働者を雇用する事業主の方に対して、休暇中の賃金相当額×10/10 、日額最大15,000円
    委託を受けて個人で仕事をする方に対して、就業できなかった日当たり7,500円定額
    ※休業支援金・給付金の仕組みによる労働者からの直接申請が可能

  • 再就職・転職のためのスキルアップがしたい

    求職者支援制度
    (職業訓練受講給付金)

    雇用保険を受給できない方に月10万円の給付金無料の職業訓練の支援

  • 介護・障害
    福祉分野の就職を支援

    介護訓練修了者への返済免除付
    就職支援金貸付制度

    介護訓練修了後に介護・障害福祉分野に就職した場合、20万円の貸し付け

    その後、2年間継続して従事することで返済免除

  • 安定した仕事を得たいひとり親世帯の方々に

    高等職業訓練促進給付金

    訓練期間中に
    月額10万円,最長4年
    6か月以上の訓練を要する
    IT等の民間資格も対象に

小学校等の臨時休業に伴う保護者の方々の休暇取得を支援します。

学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター
※土日・祝日含む 0120-876-187 (受付時間:9:00~21:00)

事業を守る

  • 売上減で資金繰りが厳しい

    実質無利子・無担保融資

    3年間実質無利子、最長5年元本据置
    公庫(国民)
    最大6千万円
    公庫(中小)・商工中金
    最大3億円

  • 融資を受けながら経営の改善に取り組みたい

    伴走支援型特別保証制度の創設

    融機関の継続的な伴走支援を受けながら経営改善等に取り組む場合に、保証料の一部を補助
    最長5年間 元本据置
    保証期間 最長10年
    6,000万円まで保証

  • 新分野展開や業態転換で事業を立て直したい

    事業再構築補助金

    新分野展開や業態転換等の事業再構築に取り組む場合、通常、
    補助上限額:最大8,000万円
    補助率:最大2/3 で支援
    ※従業員数等により異なる

    特に、引き続き業況が厳しい事業者等を対象に回復・再生応援枠として、補助率を最大3/4に引き上げ(上限1,500万円
    グリーン分野の取組を行う事業者を対象に、グリーン成長枠として最大1.5億円まで補助

  • 地域一体となった面的な観光地再生・高付加価値化を図る

    地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化

    <地域計画の作成支援>
    中長期的な観光地の再生・高付加価値化プラン(地域計画)の作成に向け、専門家派遣等による伴走支援

    <地域計画に基づく事業支援>
    観光地の宿泊施設の大規模改修、景観改善等に資する廃屋撤去支援等に最大1億円補助

  • 観光事業者等が感染対策を図りつつ、環境に配慮した持続可能な観光を推進する取組を支援

    環境に配慮した持続可能な
    周遊観光促進事業

    以下の取組について支援を行う。
    ①感染対策・環境対策に配慮した旅行の促進
    ②宿泊施設・観光施設等における感染対策・省エネ対策の促進
    ③地域が連携して実施する誘客・周遊を促すための仕掛けづくり
    ④地域の魅力発信の強化や周遊の促進に向けた研修
    最大2,000万円※、補助率1/2等
    ※補助上限額は支援メニューにより異なります。

  • 飲食店の第三者認証制度等の活用による安全・安心の確保を前提とした仕組みとともに、飲食事業の需要喚起策を実施

    Go To イート事業

    ♦ 地域で登録されている飲食店で使えるプレミアム付食事券を、都道府県単位の事業者が域内で販売
    ♦ 事業は、感染状況を踏まえて各都道府県毎に実施。事業実施期間は3ヶ月間
    ※12月15日までとしていた事業期限は、令和3年度補正予算により延長
    ♦ プレミアム率は25%又は20%(都道府県により異なる)
    ※感染状況を踏まえ、一部地域で一時利用停止中

  • 居住地と同一県内の旅行や、隣接都道府県又は地域ブロック内の都道府県からの旅行者による県内旅行を支援

    地域観光事業支援

    居住地と同一県内の旅行や、隣接都道府県又は地域ブロック内の都道府県からの旅行者による県内旅行※1について、1人当たり5千円※2・商品代金の50%支援
    前売り宿泊・旅行券の発行
    ※1 ワクチン接種歴や検査を利用条件とする
    ※2 地域産業に裨益するクーポン等を実施すると2千円を追加支援
    (注)感染状況を踏まえ、一部地域で一時利用停止中

  • 新たな観光需要喚起策を実施

    Go To トラベル事業

    ワクチン接種歴や検査を利用条件として、旅行・宿泊商品の割引等を実施予定。
    【施策概要:再開時~】
    旅行商品割引率30%、割引上限額10,000円(交通・宿泊付商品の場合)、クーポン券3,000円(平日の場合)
    ※国による事業実施後は都道府県による事業とし、地域の実情に応じて柔軟に割引率等を設定。
    ※専門家の意見を踏まえ、年末年始の感染状況等を改めて確認した上、国土交通大臣が関係大臣と協議し実施時期を決定

  • 新型コロナウイルス感染症により甚大な影響を受けたイベント業界について感染拡大防止対策を徹底しつつ、需要喚起を実施

    イベントワクワク割

    > 感染症の感染状況を踏まえつつ、一定期間に限定して、官民一体型の需要喚起策を実施

    > キャンペーン期間中のイベント・エンターテイメントのチケットを購入した消費者に対し、割引等を行う(2割相当分・上限2,000円

    > 消費者が安心してイベントに参加できる環境を醸成するため、ワクチン接種者又は検査陰性者を支援対象とする

  • 緊急事態宣言等で公演・展示会等が中止・休園

    J-LOD(3)補助金

    《キャンセル費用支援》
    ・キャンセル費用が2,500万円まで:上限2,500万円、補助率10/10
    ・キャンセル費用が2,500万円以上:上限5,000万円、補助率(2,500万円までの部分は10/10、(2,500万円を超えた部分は1/2

    《開催支援》
    ①収益基盤強化枠:上限5,000万円、補助率1/21/31/4
    ②ビジネスモデル革新枠:上限1億円、補助率1/2

  • 【文化芸術・スポーツ】コロナ禍により甚大な影響を受けた文化芸術活動の再興を図る/コロナ禍のスポーツイベント等の開催を支援

    コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業/全国規模のスポーツイベント等の開催支援事業

    <ARTS for the future! 2>
    不特定多数の者に公開する公演や展覧会等の活動を行い収入等を上げる積極的な活動経費を最大2,500万円補助 等

    <統括団体によるアートキャラバン>
    全国規模で質の高い公演等の実施や配信、地域の文化芸術関係団体・芸術家を中心に取り組む地域連携活動等について地域毎に最大5,000万円補助

    <全国規模のスポーツイベント等の開催等支援>
    試合開催時の感染症対策・広報、コロナ禍における観戦機会の提供拡大等に必要な費用の一部を補助

  • 文化施設の活動継続・発展とウィズコロナを見据えた活動再開・再生に向けた支援を実施

    文化施設の活動継続・発展等支援事業

    文化施設における感染防止対策のための費用や「新たな活動」に向けた配信等に必要な機材等の環境整備を支援(補助率:1/2)

  • 新型コロナウイルス感染症により甚大な影響を受けた商店街等について感染拡大防止対策を徹底しつつ、需要喚起を実施

    がんばろう!商店街事業

    イベント実施やWebサイト制作、商品開発等に係る費用について、1申請あたり、以下の上限額まで支援
    ①1者による単独申請:1申請当たり400万円上限(200万円まで定額支援)
    ②2者連携による申請:1申請当たり800万円上限(300万円まで定額支援)
    ③3者以上の連携による申請:1申請当たり1,050万円上限(500万円まで定額支援)
    ※定額を超えた額については、商店街等が1/2自己負担
    ※抗原検査キットの購入費等を支援対象に追加
    ※事業の開始時期については、感染状況等を踏まえ調整中

  • 高機能な換気設備を導入して感染リスクを抑えたい

    大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業

    中小企業等の高機能換気設備及び同時に導入する空調設備の導入費用に対して2/3補助

    ※施設のCO2排出量の削減が必要

文化芸術関係者に対する支援策をご案内しています。

農林漁業者・食品関連事業者の皆様を支援します。

厚生労働省HPにおいてもくらしや仕事の情報をご案内しています

生活を支えるための支援のご案内 PDF

くらしや仕事の情報(厚生労働省HP)別ウィンドウで開きます

政府の取組み

自治体の取組み

  • ◎各都道府県の新型コロナウイルス感染症に関するホームページ

    →一般的な電話相談を行いたい方は、各都道府県が設置している電話相談窓口へご相談ください。

    北海道別ウィンドウで開きます
    青森県別ウィンドウで開きます岩手県別ウィンドウで開きます宮城県別ウィンドウで開きます秋田県別ウィンドウで開きます山形県別ウィンドウで開きます福島県別ウィンドウで開きます
    茨城県別ウィンドウで開きます栃木県別ウィンドウで開きます群馬県別ウィンドウで開きます埼玉県別ウィンドウで開きます千葉県別ウィンドウで開きます東京都別ウィンドウで開きます神奈川県別ウィンドウで開きます
    新潟県別ウィンドウで開きます富山県別ウィンドウで開きます石川県別ウィンドウで開きます福井県別ウィンドウで開きます山梨県別ウィンドウで開きます長野県別ウィンドウで開きます
    岐阜県別ウィンドウで開きます静岡県別ウィンドウで開きます愛知県別ウィンドウで開きます三重県別ウィンドウで開きます
    滋賀県別ウィンドウで開きます京都府別ウィンドウで開きます大阪府別ウィンドウで開きます兵庫県別ウィンドウで開きます奈良県別ウィンドウで開きます和歌山県別ウィンドウで開きます
    鳥取県別ウィンドウで開きます島根県別ウィンドウで開きます岡山県別ウィンドウで開きます広島県別ウィンドウで開きます山口県別ウィンドウで開きます
    徳島県別ウィンドウで開きます香川県別ウィンドウで開きます愛媛県別ウィンドウで開きます高知県別ウィンドウで開きます
    福岡県別ウィンドウで開きます佐賀県別ウィンドウで開きます長崎県別ウィンドウで開きます熊本県別ウィンドウで開きます大分県別ウィンドウで開きます宮崎県別ウィンドウで開きます鹿児島県別ウィンドウで開きます
    沖縄県別ウィンドウで開きます
  • ◎感染拡大予防ガイドライン及び「新しい生活様式」の定着に向けた都道府県の取組状況等に係る調査結果等について PDF
  • ◎特定都府県における働きかけ活動実施計画及び実施状況(令和3年3月24日更新)PDF
  • ◎各自治体等によるお役立ち取組事例(令和4年7月8日時点:随時更新予定)

    〇岩国市

    →【市のふるさと応援隊の楽曲を活用した感染対策の啓発】

    岩国市では、地元出身者が所属するサボテンブラザーズが作成した『撃退コロナ音頭』を市の新型コロナ対策に係るHPから閲覧できるようにし、マスク・手洗い等の基本的感染対策の啓発を行っています。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://www.city.iwakuni.lg.jp/site/covid19/別ウィンドウで開きます
    (岩国市 公式HP「新型コロナウイルス感染症に関連したお知らせ」)

    負けるな岩国!

    〇山梨県

    →【新型コロナウイルス感染症患者に向けた見守りシステムのご提供】

    山梨県では、宿泊療養施設において、「スマホによる見守りシステム」を運用しています。健康管理を行う施設看護師のほか、遠隔地のオンコール医師とも対面で繋がる3画面(患者・医師・看護師)システムとなっており、問診精度を向上させるとともに患者が安心して療養できる環境を確保しています。
    朝夕の定期問診(体温・酸素飽和度等)については、同システムで患者から看護師への報告・集計が可能なため、施設看護師の健康観察に要する事務負担の軽減が可能です。
    自宅療養者の見守りにも活用可能な同システムについて、必要とされる自治体には、無償(※)にて提供しています。
    (※)サーバー維持費のみ負担。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    新型コロナウイルス感染症患者に向けた常時見守り体制の構築 PDF

    正しい感染予防行動などコロナの知識に関する川柳

    システムに関する問い合わせはこちら
    山梨県福祉保健部医務課 医療企画担当 TEL 055-223-1480
    https://www.pref.yamanashi.jp/imuka/別ウィンドウで開きます

    ○熊本市

    →【正しい感染予防行動などコロナの知識に関する川柳を毎日発信】

    熊本市は、新型コロナウイルス感染症予防対策として、3月1日から3月31日まで毎日、SNS(熊本市公式LINE、Twitter)を活用して、新型コロナウイルスの知識に関する川柳を発信し、感染拡大を防止する行動について分かりやすく情報発信を行っています。発信内容は、正しい感染予防行動の知識や、疫学調査を基に保健所が把握している感染リスクが高い行動です。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://twitter.com/kumamotocity_/別ウィンドウで開きます
    https://twitter.com/kumamotocity_/status/1369921033503866882別ウィンドウで開きます
    (熊本市公式ツイッター)
    https://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=33841&class_set_id=3&class_id=535別ウィンドウで開きます
    (熊本市公式HP「なるほど納得!コロナの知識(川柳)の発信について」)
    https://www.city.kumamoto.jp/corona/hpkiji/pub/List.aspx?c_id=5&class_set_id=22&class_id=3269別ウィンドウで開きます
    (熊本市新型コロナウイルス感染症情報サイト 感染防止対策)

    正しい感染予防行動などコロナの知識に関する川柳

    〇岩泉町

    →【ビデオ通話やビデオレターを活用したオンライン帰省を支援】

    岩泉町は、コロナ禍で帰省を自粛されている方が、町内の家族とビデオ通話などができるよう、町内在住の方にパソコン・スマートフォンの貸し出しをしています。
    パソコン・スマートフォンに不慣れな方でも利用できるよう、岩泉町地域おこし協力隊と協力して、回線の接続から機器の使い方までサポートしています。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://twitter.com/iwaizumi_town/status/1352546271622402050別ウィンドウで開きます
    (岩泉町公式ツイッター)
    https://www.town.iwaizumi.lg.jp/docs/2018110800012/別ウィンドウで開きます
    (岩泉町公式HP「岩泉町地域おこし協力隊 隊員募集(令和3年度着任)」)

    ビデオ通話やビデオレターを活用したオンライン帰省を支援

    〇北九州市

    →【「なくそう!新型コロナウイルス感染症 いじめ・差別」の啓発動画を配信!】

    北九州市では新型コロナウイルス感染症に関連し、不安や偏見による誹謗中傷やいじめ、差別的な対応等の防止に向け、啓発動画を作成しました。
    各30秒で、学校備品編、アニメ小学生編、中学生編があり、アニメ編は市内の中学生が声優を務めています。
    子どもにも伝わりやすいよう、ストーリー性のあるものとなっていますので、ぜひご覧ください。

    ◆詳細はこちらです。

    https://ssl.city.kitakyushu.lg.jp/files/000896544.pdf別ウィンドウで開きます

    ◆動画はこちらです。

    https://www.youtube.com/channel/UCfZve5G3JEO7nLH3yB9I2wg別ウィンドウで開きます
    (北九州市教育委員会Youtubeチャンネル)

    新型コロナ啓発動画 アニメ中学生編

    〇静岡市

    →【12言語のYouTube動画でマスク着用などを呼び掛け!】

    静岡市は、外国人住民のために、飛沫感染への注意喚起や、もしものときの相談窓口への連絡を促すため、一般財団法人静岡市国際交流協会と連携して、YouTube動画を12言語(英語、中国語、ベトナム語、タガログ語など)の字幕とナレーション入りで制作しました。市や協会職員、相談員、ボランティアなどが協力しあい短期間で作りあげ、外国人住民向けのホームページやFacebookで情報発信しています。また、特に、静岡市には留学の資格で在留する外国人の割合が高いことから、市内の日本語学校、専門学校、大学等などに直接訪問し、感染予防を呼びかけています。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://www.city.shizuoka.lg.jp/799_000004.html別ウィンドウで開きます
    (静岡市公式HP「外国人住民のための新型コロナウイルス関連情報」)
    https://www.facebook.com/helpline.shizuokacity/別ウィンドウで開きます
    (一般財団法人静岡市国際交流協会 外国人住民向けFacebook「Helpline Shizuoka City」)

    静岡市 外国人住民のための情報

    〇福岡県

    →【新型コロナに感染された方のための宿泊療養施設をリポートする動画を配信】

    福岡県では、「ふくおかインターネットテレビ」(県の動画配信サイト)やYouTubeで、福岡県の取り組みを深く掘り下げて伝える番組「ふかぼりっ!福岡県」(出演:タレント岡澤アキラ)を配信しています。
    今回は、新型コロナウイルスの軽症・無症状の方に入所をお願いしている宿泊療養施設について理解を呼び掛ける動画を配信しました。
    「どんな環境で過ごすの?」「費用はかかる?」「何日ぐらい滞在するの?」「食事はどうなるの?」などの疑問に対し、大学生が実際に宿泊療養を体験しながらリポートします。
    「ふかぼりっ!福岡県」では、この他にもwithコロナのヒントになる動画を配信しています。ぜひご覧ください。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://www.youtube.com/watch?v=Md3v2LNgtYA別ウィンドウで開きます
    (YouTube「岡澤アキラのふかぼりっ!福岡県」コロナに感染された方のための宿泊療養施設)
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html別ウィンドウで開きます
    (福岡県 公式HP「新型コロナウイルス感染症ポータルページ」)

    岡澤アキラのふかぼりっ!福岡県

    〇神奈川県

    →【かなかなかぞく第50話 「M・A・S・K」の徹底を!】

    神奈川県では、会食時の新マナー「マスク会食」の取組を推奨しています。
    会食時は、基本的な感染防止対策 MASK(マスク)の徹底が重要です。
     Mは適切なマスク着用
     Aはアルコール等で消毒
     Sはアクリル板等でしゃへい
     Kは距離と換気、冬はこれに加え、加湿

    「かなかなかぞく第50話のあらすじ」
    ~感染防止対策の取組をしっかりおこなっている中華料理屋を訪れた「かなかなかぞく」の一行。けんちゃんとかなぼうが、席でマスクを外そうとすると、おばあちゃんから待ったがかかる。~

    感染リスクを減らすため、「M・A・S・K」の徹底を促す動画を掲載しています。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ie2/animation/kanakanakazoku/50kanakanakazoku.html別ウィンドウで開きます(神奈川県 公式HP)
    https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/mask/index.html別ウィンドウで開きます(神奈川県 公式HP「会食時の新マナー「マスク会食」)

    かなかなかぞく第50話

    〇長野県

    →【みんなで広げよう!シトラスリボンプロジェクト】

    長野県では、「シトラスリボンプロジェクト」に賛同し、心身ともに安心した暮らしを続けられる社会を目指しています。
    シトラスリボンプロジェクトとは、新型コロナウイルス感染症に感染された方や医療従事者が、それぞれの暮らしの場所で「ただいま」「おかえり」と受け入れられる雰囲気をつくり、思いやりがあり暮らしやすい社会を目指す、愛媛県発の市民運動です。
    シトラスリボンが示す3つの輪は、「地域」「家庭」「職場・学校」を表現しています。
    長野県内でも、企業や団体、学校など様々な場所で、思い思いのシトラスリボンの輪が 広がっています。

    →【ココロのワクチンプロジェクト】

    長野県では、「コロナは思いやりと支えあいで乗り越える“あかりをともそう”キャンペーン」の一環として、病気への不安から差別や誹謗中傷等につながる仕組みなどについて学び、意識や行動の変容を促す「ココロのワクチンプロジェクト」を展開しています。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://www.pref.nagano.lg.jp/jinken-danjo/citrus_ribbon_project.html別ウィンドウで開きます
    (長野県 公式HP「みんなで広げよう!シトラスリボンプロジェクト」)

    みんなで広げよう!シトラスリボンプロジェクト

    https://akariwotomoso.com/別ウィンドウで開きます(長野県「ココロのワクチン」プロジェクト HP)

    ココロのワクチンプロジェクト

    〇山形県

    →【音楽の力で癒しと活力を届けるリレー事業~山響アンサンブル演奏会~】

    山形県では、新型コロナウイルスによる感染症の発生以降、医療等の現場において日夜献身的な治療や看護にあたっている医療従事者等の方々に県民の感謝の気持ちをお届けするため、県内の医療機関のエントランスホール等において、山形交響楽団アンサンブル演奏会を行っています。
    この事業は、「山形県新型コロナ対策応援金」を活用しており、多くの皆様にお聴きいただくため、演奏会の様子をWEBで公開しておりますので、ぜひご覧ください。
    全10回を予定しており、順次公開いたします。

    ◆詳しい内容はこちらです。
    ◇第1回目の演奏会◇

    2020年9月29日 日本海総合病院(山形県酒田市)

    写真:第1回目の演奏会

    https://youtu.be/hE9JVmHgCvY別ウィンドウで開きます

    ◇2回目以降の演奏会はこちらから◇

    https://www.pref.yamagata.jp/020073/ongakuiyashi.html別ウィンドウで開きます(山形県 公式HP)

    〇京都市

    →【お互いを思いやる気持ちで、コロナ禍を共に乗り越える!~自分ごととして感じる4コマ漫画~】

    新型コロナウイルス感染を「自分ごと」として感じていただこうと、市内での発生事例等を基にした物語として、4コマ漫画を作成しました。
    「休む勇気・・・タイチ先生」編、「ランチタイムもご注意を!」編など、6編を掲載(11/20現在)。
    新型コロナウイルスには、誰もが感染する可能性があります。感染された方や医療機関等への誹謗中傷はやめましょう。また、コロナ禍を共に乗り越えるため、お互いを思いやる気持ちで、「新しい生活スタイル」の徹底とともに、大人数・長時間・深夜の飲み会などリスクの高い行動は避けましょう。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000274122.html別ウィンドウで開きます

    チラシ:ランチタイムもご注意を!編

    〇北海道

    →【リレーメッセージプロジェクト #つなげよう私たちのコロナ対策】

    北海道では、道内の新型コロナウイルス感染者のうち、特に若い方(30代以下)の占める割合が高い傾向にあり、こうした若い世代の方々の間で感染拡大防止対策の実践の輪が広がるよう、道庁関係部の若手職員が中心となり、「#つなげよう私たちのコロナ対策」を合い言葉に感染防止対策の実践を呼びかけるメッセージ動画をSNS投稿でつないでいく「リレーメッセージプロジェクト」を実施しています。
    今後は、市町村や介護施設、企業などの若い方と動画により呼びかけの輪をつないでいきます。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ssa/coronamessage_project.htm別ウィンドウで開きます

    【リレーメッセージプロジェクト #つなげよう私たちのコロナ対策】

    〇岡山市

    →【マナーをON。ゆるみをOFF。安心して暮らせる岡山へ、みんなでスイッチしよう】

    岡山市では、新型コロナウイルスの感染予防キャンペーン「スイッチ!おかやま」を展開しています。「マナーをON、(気の)ゆるみをOFF」を合言葉に、新しい生活様式に行動をスイッチ(切り替え)しようというメッセージを込めています。新型コロナウイルスは誰でもかかりうる感染症です。だからこそ、自分事として捉え、みんなで感染予防に取り組んでいきましょう。「スイッチ!おかやま」特設サイトでは、岡山市民や事業者の皆さまに向けて、新しい生活様式の実践に役立つ情報を発信しています。無料でダウンロードできるロゴやポスターなどもありますので、ぜひご覧ください。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://switch-okayama.jp/別ウィンドウで開きます

    【部活動等応援プロジェクト「仲間とともに歩んだ軌跡」で、鳥取を元気に!】

    〇鳥取県

    →【部活動等応援プロジェクト「仲間とともに歩んだ軌跡」で、鳥取を元気に!】

    鳥取県では、新型コロナウイルス感染症の影響で、部活動をはじめ学校活動が縮小・制限される中で、高校生が部活動等にかけてきた想いを高校生自らが動画にし、それを県教育委員会のYouTubeチャンネルに掲載することで、高校生たちの活躍を発信するとともに、これまで取り組んできた部活動等における努力の証を動画という形で残します。
    また、県立高校の応援団、チアリーダー、ダンス部生徒の出演による応援メッセージ動画を作成し、高校生を始め県民のみなさんに対し、【鳥取を元気に!】というエールを送る取り組みを行っています。元気をもらえる動画になっていますのでぜひご覧ください。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://www.pref.tottori.lg.jp/292342.htm 別ウィンドウで開きます(鳥取県 公式HP)

    チラシ:部活動等応援プロジェクト「仲間とともに歩んだ軌跡」で、鳥取を元気に!

    〇三重県

    三重県では、外国人住民が日本(三重県)で生活していくうえで必要となる基本的な生活・行政情報、及び外国人住民に知っておいてほしい情報等を三重県情報提供ホームページ(MieInfo)において随時提供しています(令和2年度は7言語(ポルトガル語、スペイン語、フィリピノ語、中国語、英語、ベトナム語、日本語)に対応)。
    新型コロナウイルスに関する情報は「特集」にまとめて表示しておりますので、ご参照ください。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    MieInfoのHPはこちら https://mieinfo.com/ja 別ウィンドウで開きます
    多文化共生班のHPはこちら https://www.pref.mie.lg.jp/TABUNKA/HP/index.htm 別ウィンドウで開きます

    〇新潟県

    →【事業者による感染防止対策の「見える化」を後押しします】

    新潟県では、新潟県内の事業者の営業活動を支援するため、事業者の感染防止対策を分かりやすく表示できるツール(ポスター様式、ピクトグラム)を提供し、感染防止対策の「見える化」を進めています。新潟県の事業者の方はぜひご活用ください。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/shogyoshinko/pictogram.html 別ウィンドウで開きます(新潟県 公式HP)

    チラシ:新型コロナウィルス対策実施中

    〇奈良県大淀町

    →【がんばるおおよど!お店応援プロジェクト】

    がんばるおおよど!お店応援プロジェクト(略称「GO!プロジェクト)は、新型コロナウイルス感染症など社会的影響を受けながらも、大淀町でお店を維持し、将来につなげようとする“がんばる”事業者さんを応援するために、大淀町と大淀町商工会の連携事業として立ち上がりました。
    新型コロナウイルス感染症は経済に今まで経験したことがない影響を及ぼしています。
    「経営相談」「資金調達サポート」「お店の魅力紹介」等を通じて、事業者のみなさまの事業の継続や経営の安定に向けて支援を実施します。

    ◆詳しい内容はこちらです。

    http://www.town.oyodo.lg.jp/contents_detail.php?frmId=1112 別ウィンドウで開きます(大淀町公式HP)
    http://www.town.oyodo.lg.jp/cmsfiles/contents/0000001/1112/ooyodo_go1.pdf PDF(案内チラシ)

    チラシ:奈良県大淀町がんばるおおよど!お店応援プロジェクト

    〇神奈川県茅ヶ崎市

    →【ごみ袋に感謝をこめて】

    コロナ禍でのごみ収集に対して、住民の方々からの作業員への感謝のメッセージが全国的に寄せられています。
    茅ヶ崎市環境事業センターでは、ごみ集積場所で頂くたくさんの温かいメッセージに対し、お礼をしたいと、日頃から収集作業に従事している若手職員が、環境事業センターらしいものとして、人文字ならぬ「ごみ収集車文字」で謝意を示そうと発案。空撮写真と併せて動画を作成することで、よりお礼の気持ちを表せると、撮影・公開に至りました。
    その後、市民からは「動画をありがとう」という内容のメッセージも送られてくるようになり、今、茅ヶ崎市は「ありがとう」があふれています。

    ◆詳しい内容はこちらです

    https://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kankyo/1039145.html 別ウィンドウで開きます

    〇埼玉県

    →【バーチャル背景にピッタリ!埼玉オリジナル画像 】

    新型コロナウイルスの影響でWeb上での交流が増えています。埼玉県公式観光サイト「ちょこたび埼玉」では、そんな時、よりスムーズに会話が弾むよう、バーチャル背景に使える埼玉オリジナル画像をご用意いたしました。埼玉県内の観光スポットや花の名所等を、Web会議や、オンライン呑み会で、ぜひご利用ください。

    ◆詳しい内容はこちらです

    https://chocotabi-saitama.jp/topics/15708 別ウィンドウで開きます

    〇高知県黒潮町

    →【Will(ウィル) ~あなたの思いを旗に乗せて~】

    高知県黒潮町では、新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んでいる町民の皆様とともに、まち全体や医療・福祉現場で頑張る人々を応援することを目的として、自らの思いを書き込んだ「青い旗」を玄関やベランダ等に掲げる「Will(ウィル) ~あなたの思いを旗に乗せて~」プロジェクトを実施しています。
    青い旗には、新型コロナウイルスの感染拡大防止、その先の明るい未来をともに思い描いていくこと、また同時に「応援したい」「ともに頑張ろう」という皆さまの思い(意志)などが書き込まれます。青い旗は、町のホームページ、広報紙、公式SNS(Instagram)などで発信され、町民以外もSNSで発信する等で参加可能です。

    ◆詳しい内容はこちらです

    https://www.town.kuroshio.lg.jp/pb/cont/topics/23339 別ウィンドウで開きます
    ※プロジェクト紹介動画別ウィンドウで開きます

    Will(ウィル) ~あなたの思いを旗に乗せて~

    〇熊本県・熊本市(熊本地域金融・経済懇話会)

    →【副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト】

    熊本地域金融・経済懇話会では、趣旨に賛同する金融機関と経済団体が連携して、「副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト」として、マスク製作・買取・配布プロジェクトを実施されています。事業の休業などにより収入減となっている方々に副業の機会を創り、同時に地域の人たちの課題となっているマスク確保に貢献する活動です。非常に多くの方々からマスク制作参加の応答があり、5月10日目標枚数に達しました。

    ◆プロジェクト概要

    新型コロナウイルス感染症問題による収入減等の影響を受けている熊本県民の方々が手作りしたマスクを主催団体が買取、熊本県内の事業者・団体や個人の皆様に無料で配布するプロジェクトです。

    ◆詳しい内容はこちらです

    https://www.kumamoto-kiwanis.com/project/364/別ウィンドウで開きます

    副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト

    〇熊本県熊本市(熊本市教育センター)

    →熊本市では、県内テレビ局(民放4社、NHK)と教育委員会が共同して、休校中の小中学生のための学習支援特別テレビ授業「くまもっと まなびたいム」を放送しています。放送日や放送時間は、熊本市教育センターHPに、番組に関する情報を掲載していますのでぜひご覧ください。

    http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/別ウィンドウで開きます

事業者の取組み

  • ◎スーパーなど小売店舗における感染拡大防止のための取組事例

    食料品などの生活必需品を販売するスーパーやコンビニでは、多くのアイデアと配慮によって緊急事態宣言の発令下でも店舗営業が継続されていました。感染拡大を防止しつつ事業を継続するために、これらのアイデアと配慮に基づく取組みがさらに広まること、また、消費者にもその趣旨を御理解いただくことが重要と考えられます。以下のサイトでは、公益財団法人流通経済研究所が、国(経済産業省、農林水産省、消費者庁)と連携して収集した、店舗における取組の好事例が発信されています。

    https://distribute-dei-taisaku.jp/別ウィンドウで開きます